勉強

【公認会計士受験勉強生活】8ヶ月目 2月 最終報告

こんにちは、こんばんは!

 

会計士受験生のPIVOTEです。

 

公認会計士受験生、その他の受験生はどのようにお過ごしでしょうか。

 

高校生や浪人生の方は、共通テストも終わってあとは私立受験か2次試験ですね。

 

高校生や浪人生の方は、合格まで頑張ってください頑張ってください!

 

最近私は、徐々に朝方に切り替えることができるようになりました。

 

では、2月の最終報告を記述していきたいと思います。

 

【公認会計士試験受験生 ブログ】8ヶ月目  2月の目標・計画こんにちは、こんばんは! 会計士受験生のPIVOTです。 http://www.4431study.com/t%e2%80%90...

財務会計論

概要

財務会計論 計算
財務会計論 理論

 

財務会計論とは、簿記、財務諸表論、株主等の外部の利害関係者の経済的意思決定に役立つ情報を提供することを目的とする会計理論で
計算と理論の両方が出題されます

 

公認会計士試験の多くの割合を占めていて、財務会計論を制すものは公認会計士試験を制すという人もいるくらいです。

 

計算

財務会計論 計算1
財務会計論 計算2

 

 
  目標 結果
累計 41 40
残り 6 7
合計 47 47
消化数 12 11

勉強内容

勉強内容
(講義内容)
在外子会社
個別CF計算書
企業結合
事業分離会計
連結CF計算書
 

今月の講義消化数の目標は達成できませんでしたが、ほとんどの講義の視聴が終わりました。

来月の中旬で補講以外の講義は視聴完了します。

ここからが勝負だと感じています。

インプット・アウトプットの開始です。

基本的に連結会計以後の論点から始めようと考えています。

何故ならば、連結会計から派生した論点が多いからで。

例えば、持株法会計、企業結合会計、事業分離、包括利益などの連結会計で扱うタイムテーブルを駆使して問題を解く論点があります。

短答式試験まで時間が少ないので今ここで計算科目の勉強方法を確立させて、安定した点数を出せるようにしたいです、

 

 

理論

財務会計論 理論1

 

  目標 結果
累計 15  12
残り 17  20
合計 32  32
消化数 8  5

 

勉強内容

勉強内容
(講義内容)
固定資産
繰延資産の会計処理に関する会計基準
負債会計
資産会計(伝統論・会計基準論)
 

目標の消化数には達しなかったものの、講義を受けた後に短答問題集を解ける余裕ができたのがうれしかったです。

他の科目の講義が終盤になり心の余裕ができたかもしれません。

資産会計(伝統論)の講義が長くてびっくりしました。。(講義時間:4時間57分)

 

管理会計論

概要

 

管理会計論 計算
管理会計論 理論

 

管理会計論とは、原価計算、企業内部等の経営者の意思決定と業績管理に役立つ情報を提供することを目的とする会計の理論で、
財務会計論と同じく計算と理論両方出題されます。

 

計算・理論(最終報告)

管理会計論 計算 最終報告
 
管理会計論 理論 最終報告

 

 
  目標 結果
累計 33 32
残り 2 3
合計 35 35
消化数 12 11

勉強内容

勉強内容
(講義内容)
管理会計基礎
短期利益企画
予算管理
F/S分析(財務情報分析)
資金管理とCF管理
戦術的意思決定(差額原価収益分析)
戦略的意思決定(設備投資の経済性計算)
分権組織とグループ経営の管理会計

 

財務会計論(計算)と同じで来月で補講以外の講義が視聴完了します。
 
 

インプット・アウトプットの開始です。

管理会計基礎以降から始めようと考えています。

何故なら、復習がしやすいからです。

管理会計基礎~最後の論点まで「管理会計基礎」の考え方として類似しており管理会計基礎以前の論点とは、計算の仕方がほとんど違うからです。(一部を除く)

企業法

概要

企業法

 

企業法は、会社法、商法(海商並びに手形及び小切手に関する部分を除く)、金融商品取引法(企業内容等の開示に関する部分に限る)、
監査を受けるべきことと組合その他の

 

例えば、会社法の中で重要な論点は会社の設立・運営から消滅に至るまでの諸規定を学習します。

 

最終報告

 

企業法 最終報告

 

  目標 結果
累計 21  18
残り 5  8
合計 26  26
消化数 4  1

 

勉強内容

 
勉強内容
(講義内容)
社債
 

講義が長い。

内容も頭に入りませんし、社債の論点の講義を視聴しましたが頭に入りません。

なので、短答式問題集にテキストのページを書き込むことに徹しています。

そうしないと企業法の勉強をしないからです。

勉強をしない限り進みません。

来月も引き続き同じことをやると思います。。。。ふぅー、、、

監査論

概要

監査論

 

公認会計士の主な仕事は監査です。

 

その監査業務に関する規定の内容や背景、歴史について具体的に学びます。

 

とても地味な科目となっています。

 

最終報告

 

監査論 最終報告

 

  目標 結果
累計 11 7
残り 11 15
合計 22 22
消化数 8 4

 

勉強内容

勉強内容
(講義内容)
監査実施論

 

今月で半分くらいの講義を消化させました。
 
講義で講師の方が仰っていたのが、ほかの科目は論点ごとに独立しており論点ごとに勉強していればある程度の理解が可能だが、監査論はほとんどの論点はつながっていて理解することが勉強する上で重要です、ということでした。
 
この話からすると、全体的に話が繋がっているので理解しやすいと思います。その反面、少しでも理解不足のところが出てくるとすぐに講義がわけわからなくなることを意味します。
 
結果、監査主体論を理解しなかったら、今の分析やリスク評価の論点で扱う内容はわけわからなかったでしょう。。
 

まとめ

公認会計士試験の短答式試験まで迫っきましたね。

皆さんは、勉強捗っていますでしょうか。

私は、計算のインプット・アウトプットの勉強に日々頑張っています。

勉強ブログを見ていただいてありがとうございました。