ラジオ情報

【若林さんトーク】春日が描いた画を完成間近で、若林さんが破った話

放送日 2010年7月31日

押さえておきたいところ。

①特殊な内輪ノリ

今から書く話で押さえておきたいところは、春日と若林さんはとても仲が良いい特有の身内ノリがありました。

この身内ノリを傍から見たら、若林さんが春日の事をいじめていると捉えると思いますが高校生時代の話ですので
青春話の一部分として捉えると面白いです。

 

身内ノとは、こちらを参考にしてください。

引用元:https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%86%85%E8%BC%AA%E3%83%8D%E3%82%BF

 

②春日さんの変なお笑い

春日は何か大切なものを若林さんが強引に壊すと笑いながら興奮するツボがあります。

特に理由はありません。

以上、この2つを押さえておきたいです。

高校2年生の時、美術の授業を受けていた時の話で並木道を書いていた時の話です。

若林さん  春日が並木道の画をを書いてたんですよ

                あと枝1本を描くだけで完成っていう時に真ん中から破ったんですよ。

2人とも   笑笑

春日    たまらんよねー、たまらん!

若林さん  そしたら春日さんは「よーし!!」ていっていましたからね。

春日    それをまた2つにテメー(自分)で破いたからね!

若林さん  提出したら先生に滅茶苦茶怒られたからね!…

春日    怒られた、怒られた

身内ノリ特有の傍から見たらよくわからないお笑いですね。

若林さんの暗い内面の一面を春日さんが笑いに変えているところが見えました。

春日    細かく破ったもんな―自分で

若林さん  あれで後で、後ろからセロハンテープでくっつけたもんな!

春日    貼り絵みたいになってた。。。

                  あれでテンション上がっちゃうんだよね、
                  なぜかわからないですけど。。

 

この場合、普通の高校生なら喧嘩に発展してしまうところが若林さんが春日の笑いのツボを刺激したのか、春日はツッコんで笑っているところを見ると変わっている人と捉えることができます。

春日    (若林さんが)

                  テンションが上がるところを知っていて
                  くれていることの喜びからくるかもしれないね。

若林さん  春日が「自分の机を滅茶苦茶にしてほしい」

                  ていうからアメフト部の部室の前まで持っていって、
                  滅茶苦茶にしましたからね。
                  そしたら春日が「よー-し!」て!

春日    テンション上がるのよねー。。。

ここまでくると、笑いのツボが良く分かりませんね。。

自分は机は滅茶苦茶にされたら怒ります。たとえ、相手が友達だとしても。。

やはり、芸人になる人は笑いのツボは特殊なのでしょうか。。。